91.Q-ichi

目利きバイヤー山田 遊と創る Made in Kyushu

毎月1回更新!カリスマバイヤー山田遊と創る、毎日が楽しくなる九州メイドのものづくり

vol.10
Q-ichi X オカモト商店

ひとりの少女が生んだ日本を代表する綿織物

広島の備前絣、愛媛の伊予絣とともに日本三大絣のひとつに数えられる久留米絣。その始まりは約200年前、井上伝という、ひとりの少女によって生み出されたという。8歳の頃から機織りを学び、優秀な織り手であった彼女は、着古した藍染めに付いた白い斑点が気になり、着物をほどき、その仕組みを探る。そこからインスピレーションを得て編み出したのが、久留米絣の要ともいえる技法――糸を括り、防染したうえで染色する「括り」である。以降さまざまな人の手によって絵柄を織り出す技法が考案され、久留米絣は日本を代表する綿織物に成長したのだ。ちなみに伝が「括り」技法を考案した時、彼女は若干13歳というから驚く。好奇心が創造の源であることを改めて感じたところで、久留米絣が完成するまでに要する手間ひまをお伝えしておきたい。括って、染めて、織って、その工程数、なんと30。機械化が進んだとはいえ、いまだ手しごとも多く、かかる時間は約3カ月。その特異稀な伝統技術は国の重要無形文化財に指定されている。

  • 91.Q-ichi×オカモト商店 オリジナル久留米絣トットート(アカ)

    幅575mm×奥行240mm×高さ325mm
    ¥7,871(税別)
    現在お取り扱いしておりません
  • 91.Q-ichi×オカモト商店 オリジナル久留米絣トットート(カラシ)

    幅575mm×奥行240mm×高さ325mm
    ¥7,871(税別)

Brand detail

久留米絣の問屋として明治時代後期に創業。昭和56年より製品の企画から販売まで手がけ、200年続く久留米絣を次の200年へ受け渡すべく、新たな久留米絣の可能性を探る。現在、エレガンスカジュアルの「儀右エ門」、和なカジュアルスタイルを提案する「ギエモン」、大人かっこいい「KURUMI」の3ブランドを展開。

Data:

オカモト商店

福岡県久留米市日吉町12-12
TEL:0942-32-6579
okamotoshoten.co.jp

フェイスブック ツイッター
Copyright © JR KYUSHU REATIL,INC. All Rights Reserved.
当サイトに掲載の記事・写真・イラスト等の全ては著作権法によって
保護されています。掲載内容の無断複製・転載などの使用を禁じます。