五代目花山うどんの魅力と言えば魅力的な店舗デザインと絶品鬼釜メニュー

おひとり様を存分に楽しめる環境が魅力

おひとり様を存分に楽しめる環境が魅力座席数はおおよそ40席近くはある揚げたてのサクサクとした食感が癖になるほど絶品

うどん日本一を決定する「うどん天下一」という大会で、驚異の三連覇を達成した五代目花山うどん銀座店の「鬼釜」というメニューを食べたいと思い、さっそく店舗へと足を運ぶことにしました。
うどんは大好物なのであらゆるお店のものを食べてきましたが、周りでも美味しいと評判の花山うどんは一体どんな味がするのかと興味が湧きあがっていたのを覚えています。
平日のランチタイムは11時半〜16時、ディナータイムが18時〜22時となっているので、人があまりいない14時頃を目安に訪れ、念願だったうどんを食すためにさっそく店舗へと足を踏み入れます。
訪れてみて一番印象的だったのは店舗デザインの美しさで、おしゃれな人たちが集まる銀座の町に相応しい外観がお出迎えしてくれ、訪れる人の期待を高まらせてくれる雰囲気を醸し出していました。
なかに入ると、最初に目に飛び込んできたのは壁一面に描かれているツツジの花のイラストで、淡くて優しい色味のピンクが穏やかな気持ちにさせてくれるのでとても素敵です。
女性一人でも訪れることができる雰囲気になっているので、人目を気にせずおひとり様を存分に楽しめる環境が魅力だと言えます。
花山うどんの故郷である館林のシンボルとされているツツジは、ゆったりとした時間を過ごしたい方のためにもっとも適している美しい花で、印象的な壁画を眺めながら頂くうどんはさぞ絶品だろうと想像することができます。

五代目花山うどん 店舗デザイン花山うどん アゼリアモール店