五代目花山うどんの魅力と言えば魅力的な店舗デザインと絶品鬼釜メニュー

揚げたてのサクサクとした食感が癖になるほど絶品

おひとり様を存分に楽しめる環境が魅力座席数はおおよそ40席近くはある揚げたてのサクサクとした食感が癖になるほど絶品

可愛らしいたぬきのデザインが魅力的な器に盛られたうどんで、上州麦豚と温泉卵・ネギ・かまぼこなどがトッピングされた贅沢な一品になっています。
なかでも一番驚いたのは麺の太さで、幅が5cm近くもある凄平麺だったことでしょう。
混じりけの一切ない真っ白なうどん麺が食欲をそそるだけではなく、麦豚との相性も相まって今までに感じたことがない食感を楽しむことができました。
つゆも醤油の風味が上品で非常に絶品なので、幅の広い麺でもスルスルと喉を通っていってしまうほど食べやすいです。
お好みで薬味を入れてみるのもいいですが、本来の素材を存分に堪能するためにはあえて薬味を入れずに食べる方が通だと思います。
また、温泉卵を箸で軽く割った後、うどんと絡ませながら頂くとよりマイルドな味わいになって美味しく食せます。
周りの方も鬼釜を注文している人が多く、大会で優勝しただけあってうどんを愛する人の舌を満足させることができる一品であると確認することができ、もっともっと食べたいという欲求が出てきてしまうほど満足しています。
その後、単品で天ぷらの盛り合わせも注文してみましたが、揚げたてのサクサクとした食感が癖になるほど絶品で非常に美味しかったです。