五代目花山うどんの魅力と言えば魅力的な店舗デザインと絶品鬼釜メニュー

座席数はおおよそ40席近くはある

座席数はおおよそ40席近くはあると思うので、家族連れや会社の同僚たちと数人で訪れる場にも向いていると感じました。
よく見ると奥の方には個室も完備されているので、大事な商談の場や宴会にも向いていると思います。
客層は非常に幅広い印象で、老若男女問わず気軽に訪れているような気がしました。
座席やテーブルもゆったりとしていて、しっかりと清掃されていることがわかるほど清潔な状態なので非常に好印象です。
お品書きを見ながらどんなメニューがあるのか期待を膨らませていましたが、どれも美味しそうで非常に迷ってしまいます。
しかし、評判の良い「鬼釜」を注文することを目的にしていたことを思い出し、さっそく注文してみることにしました。
店員の方に今一番注文の多いメニューだと教えられ、やっぱり人気の高さは本当だったんだと安堵の気持ちと期待値がどんどん高まり始めます。
注文してから丁度8分くらいが過ぎたころ、さっそくお目当てだった鬼釜が初めて目の前にお目見えしました。

【旅のアイデア】森田恭通が店舗デザインを担当した、京都にある〈フランフラン〉の新ブランド〈Master Recipe〉初のショップへ。

https://t.co/gnNIwdTI2b pic.twitter.com/R7OrdblKWI

— Casa BRUTUS (@CasaBRUTUS) 2019年8月15日

おひとり様を存分に楽しめる環境が魅力座席数はおおよそ40席近くはある揚げたてのサクサクとした食感が癖になるほど絶品